Q. 革底のお手入れ方法がわかりません、どうすれば良いのかアドバイスを頂ければと思いご連絡しました。

A. 下記にてご説明いたします。

革底についてのお手入れとは、通常の天然皮革と同じく水分・油分の補給をすることにあたります。
革底が乾燥した状態で歩いていると歩行時に擦り減りやすくなり、靴底の耐久年数が短くなります。また、屈曲性も失われるため歩き心地も悪くなってしまいます。

革底に使用されている皮革は、革靴の表面に使用されている皮革とは厚み・加工方法が異なりますので、革底に使用するケア用品は専用のものをご使用ください。

革底専用のケア用品は大きく分けて①「保革成分+防水成分が入っている製品」、②「保革成分だけの製品」の2種類があります。

まず、①保革成分+防水成分が入っている製品。
こちらを使用するメリットは、革底に保革をしつつ防水性をあたえることができる点です。
デメリットとしては、防水成分(オイルやワックス、フッ化炭素樹脂)が表面に残るため、滑りやすくなってしまう点です。
また、防水成分は地面との摩擦で落ちてしまうため、防水性の持続は望めません。

反対に②「保革成分だけの製品」は、防水性が付与できない代わりに滑りやすくなることがありません。

仕上がりのお好みや、革靴の履き方に応じてお選びください。

革底のお手入れについて、下記リンクから動画でご覧いただけます。

Q. 革底のお手入れ方法がわかりません、どうすれば良いのかアドバイスを頂ければと思いご連絡しました。に関連する記事