Q.ルイヴィトンのバッグの持ち手(ヌメ革)の汚れを落としたいのですが、アドバイスをお願いします。

A.ルイヴィトンの持ち手部分のお手入れは上質なヌメ革を使用していますので、手から出る汗や汚れなどですぐに黒ずんだりします。
ヌメ革は表面に染色や塗装をしていないので、一番汚れが付きやすい素材であるといっても過言ではありません。汚れが皮革の内部に入り込んでいくため一度汚れた物を綺麗にすることはほとんど不可能です。残念ですが・・・・。

汚れを付きにくくするために新品のうちからクリームを塗ったり、ロウでコーティングしてみたりして色々とテストしましたが、ほとんど意味がありませんでした。

そんな中で一番汚れを付きにくくする効果があった方法を発見しましたのでご紹介します。

⇒新品で購入した時にすぐに使用しないで、ある程度の光が当たる部分に1、2ヶ月ほど置くとヌメが日焼けして白っぽい色が飴色に変化して雰囲気のある光沢が出てきます。
飴色に変化したところでMモゥブレィ・アニリンカーフクリームを塗って光沢感をさらに
つけると同時に表面を軽くコーティングします。
このようにしてから使用すれば表面が強度をましていますので汚れが付きにくいというわけです。
但し汚れが付きにくくなるという意味ですので、全く汚れが付かないということではありません。

またお手入れはM.モゥブレィ ナッパケアで潤いと栄養を与えていれば耐久性がかなり増します。

Q.ルイヴィトンのバッグの持ち手(ヌメ革)の汚れを落としたいのですが、アドバイスをお願いします。に関連する記事