Q.ガラス革とエナメルの違いは?

A.ガラスレザーは、なめした革をホーロー板やガラス板に貼り付けてから乾燥させて、その後、革表面をサンドペーパーで擦り、その表面を合成樹脂で塗装した革のことです。
エナメルは、皮革の上にウレタン樹脂を吹き付けてある素材です。 

なぜ革をサンドペーパーで削り、塗装するのか…革にはキズが多く付いていますので、その傷跡を他の部分と一緒に平らにバフィング(削り取る)してしまえば、生かせない部分も生きる・・・・というわけです。
ガラス板に張り付けたのも、バフィングしやすいように平らにするためです。
そして、その上から顔料塗装(ペイント)をすれば、元の傷跡はわからなくなり、効率よく革が利用できるという訳なのです。

どちらも経年変化をする革独特の雰囲気は楽しめませんが、ビジネスシーンやお祝いの席での綺麗な格好・足元の演出には重宝する素材です。

Q.ガラス革とエナメルの違いは?に関連する記事