Q. 靴のコバ部分はお手入れしたほうが良いのでしょうか?

A.コバ部分もお手入れは必要です。

靴のパーツの中でも歩行時に一番ぶつけやすく、色抜けや傷みが顕著な部分がコバです。
意識して目を向けないと分かりにくいですが、コバは靴の輪郭となる箇所です。
なので、ここが乾燥して色あせていたり、傷んでいたりすると、靴そのものの印象がぼんやりとしたものになってしまいます。

革でできているコバのケアにつきましては、通常の表革用のクリームを使用することも可能です。
しかし、コバに使われる皮革は靴の表面に使用されている皮革よりも厚く、繊維の密度が高い場合がほとんどです。
コバ専用のケア用品が販売されていますので、そちらを使用した方が保革・補色をよりしっかりと行うことができます。

革コバ専用のケア用品は、コバインク(またはコバインキ)と呼ばれるインクタイプのものや、クリームタイプのもの、ペンタイプのものなどが販売されています。
一般的に、修理屋でも使われているのがインクタイプ、保革も行うのであればクリームタイプ、細かい部分や薄いコバに使いやすいのがペンタイプです。

コバが合成ゴムでできている場合はクリームタイプだと浸透・定着しないため、合成ゴムに対応したインクタイプ、ペンタイプのケア用品をお選びください。

Q. 靴のコバ部分はお手入れしたほうが良いのでしょうか?に関連する記事