Q.ブラッシングの際に靴の表面に傷がついたりしないのですか?鏡面仕上の靴の場合は特に心配です。

A.ブラシで革の表面が傷つくことはありません。しかし、鏡面仕上の部分はブラシの跡が残ることがあります。

ツヤ出しに使用するブラシはクリームを動かせるだけのコシの強さはありますが、そのブラシによって革が傷ついてしまうことはありません。
反対に、柔らかくコシの弱いブラシでは余分なクリームを取り除くことができず、ツヤが出なかったりべたついたりしてしまいます。

ただ、鏡面仕上の部分に関しては非常にデリケートなため、ブラシをかけるとブラシの毛が走った跡が残ってしまうことがあります。この部分に関してはブラッシングを避け、ネル生地のように柔らかく・起毛している布を使うことを推奨いたします。

Q.ブラッシングの際に靴の表面に傷がついたりしないのですか?鏡面仕上の靴の場合は特に心配です。に関連する記事