vol.8 ラックパテント

エナメル革専用のお手入れ用ローション
お手入れすればホコリや指紋などが付着しにくくなり、曇ったエナメル革がすばやく新品のように蘇ります。
なぜタキシードにはエナメル靴を履くのか?

ラックパテント結婚式やパーティシーンでフォーマルな装いには必ずといって良いほどエナメル靴が登場する。なぜタキシードにエナメル靴を履くのか?実は、舞踏会などで、相手のドレスの裾を靴墨で汚さないように、エチケットとしてエナメル靴が一般的になったというのが通説。

また日本で一般的なエナメルの語源は「塗料」。そして欧米では「パテントレザー」と呼ばれている。エナメル革を開発した業者が、特許(パテント)をとったことに由来する。ちなみに当社製品のラックパテントの名称は、エナメルを意味するドイツ語の「ラック」と英語の「パテント」を組み合わせた造語である。

エナメル革は
革であって革でない!

エナメル革は皮革の上に樹脂を吹き付けた素材。皮革であるが、表面はウレタンの樹脂。だから革靴みたいにお手入れしても、天然皮革が持つ独特の深みはでない。まぶしいほどの鋭い光沢が命なのである。

エナメル革のお手入れには専用ローションである「Mモゥブレィ・ラックパテント」を柔らかい布に適量とり磨きこむだけ。ケアにそれほどの手間はかからないが、手を抜くとひび割れやべた付きがでてしまう。技術よりはマメさが大事な素材なのである。

vol.8 ラックパテントに関連する記事